メールでのお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら

アコムとエポスカードの返済が苦しく返済額を減らしたい。毎月の軽減額8万円!

エポスカードのリボ払いで返済額が増え生活を圧迫しているため、毎月の返済額を減らしたいという20代の男性からご相談を頂きました。エポスカード以外にも、アコムなどの消費者金融から借金をしていて、毎月の返済額が10万円もあるということで、収入と照らし合わせても借金の返済が厳しい状態でした。任意整理をして毎月の返済額を減らすことに成功した事例です。

メールで無料相談を申し込む⇒

相談者 20代男性
借入状況 エポスカード、アコムなどから60万円、月々の返済額10万円
相談結果 月々の返済額10万円⇒2万円

エポスカードのリボ払いができず毎月の返済が苦しい。返済額を減らしたいと相談

相談者様は普段からエポスカードのショッピングを利用しており、リボ払いと分割払いを利用するうちに、毎月の返済額が増えていったようです。アコムからも借金が30万円あったため、その返済も合わせると毎月10万円の支払いが生活を圧迫していました。

しかし、クレジットカードのリボ払いは毎月の返済額が一定なので、借金と気づかずに使い込んでしまう方が非常に多いです。クレジットカードの分割払いも同様に、高額の利用をしても毎月の返済額がある程度抑えられるので、ついつい使い過ぎてしまい、結果的に毎月の負担が大きくなり返済のために他から借金をしてしまうという状態に陥ってしまいます。

今回の相談者様も、まさに「エポスカードの返済のためにアコムから借金をする」という
「多重債務」の状態でした。相談時、エポスカードの返済額は30万円、アコムからの借金は30万円残っていました。

メールで無料相談を申し込む⇒

エポスカードの借金を任意整理で減らす。月々の返済額10万円⇒2万円に!

エポスカードのリボ払いがいつまで経っても終わらないという状況を改善するために、エポスカードの利用について「任意整理」という手続きをすることにいたしました。

任意整理をした結果、エポスカードのリボ払いがどうなるかというと、将来利息をカットすることができます。将来利息とは、今後返済を続けていくにあたって払い続けていく予定の利息のことで、この利息がカットできれば、任意整理の手続き後は一切利息を支払う必要がなくなるのです。これによって、借金の返済額を全体的に減らすことができます。また、利息がつかないということは、返済期間が延びても返済額が増えるという事がないということです。つまり、完済の目途が立ちます。

また、毎月の返済額がきついという場合には、弁護士と貸金業者との交渉次第で、毎月の返済額を少なく抑えることができます。今回の場合は、収入の中からしっかり返済できるという金額に設定することができました。以前は毎月10万円返済していたものを、2万円に減らすことに成功いたしました。

メールで無料相談を申し込む⇒

相談は無料です。クレジットカードの滞納、お気軽にご相談ください。

エポスカードのようなクレジットカードでショッピングをしすぎてしまった、その返済のために他から借金をしてしまったというケースは少なくありません。クレジットカードについているキャッシング機能で借金をしてしまった場合にも、返済額を減らすことができます。

また、住宅ローンを組んでいる場合、自己破産などの債務整理の手続きをすると住宅を差し押さえられることがあるのですが、任意整理なら、住宅ローンを手続きの対象から外すことができたりと、デメリットの少ない手続きとなっています。

今回の相談者様も、毎月2万円の返済額なら、貯蓄をしていくこともできそうだとおっしゃっていました。任意整理をすることで、単に返済額が減って生活にゆとりができるだけではなく、手続きをすること自体が、自身の収入と支出を見直すきっかけにもなるので、借金を繰り返していた方でも収入の中でしっかりやりくりができるようになります。

軽い気持ちで使っていたクレジットカード。ショッピングで利用していた分は、将来の利息をカットできます。クレジットカードで使った分の返済ができず滞納していると、リボ払いや分割払いすらできなくなるので、自分の支払い能力以上にカードを使ってしまってカードの返済のあてがない場合にはお早めにご相談ください。無料相談は何度でも対応しております。

体験談をもっと見る
メールでのお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら
債務整理とは
債務整理とは

内緒で借金を減らせるワケ

督促

手続きの流れ
手続きの流れ
事務所紹介
事務所紹介
Copyright c 2011 債務整理・過払い金請求・借金相談の解決事例ブログ、毎週更新|借金レスキュー隊・ All Rights Reserved・