借金のお悩み 一緒に解決しませんか?

借金のお悩み
一緒に解決しませんか?

債務整理とは?あなたを借金から解放する4つの方法

債務整理とは?

債務整理とは、法律で認められた、借金の減額や免除を実現するための手続きです。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」「特定調停」の4つの方法があり、借金の状態によって、解決方法が選択できます。

債務整理は、借金を減額や免除する代わりに、自己破産であれば一定の財産を失うといった、それぞれデメリットが生じるのは事実です。

一方で「戸籍に載せられる」「現金から日用品まですべて差し押さえられる」「債権者が家に押しかけてくる」といった誤解も多くあります。

この誤解によって債務整理に踏み切れず、取り立てに怯えながら暮らしている人も多いのではないでしょうか。

大切なのは債務整理に対して正しい知識をもつことです。

債務整理をするには、通常弁護士などの専門家に依頼しますが、その前に4つの債務整理にどんなメリットやデメリットがあり、どれを選択すべきかについて知っておきましょう。

債務整理の中で最も利用者数が多い「任意整理」

任意整理は、貸金業者などの債権者と直接交渉して「返済期間の延長」や「利息カット」を行い、借金を無理のない返済額にする手続きです。

裁判所を介さないため自由な交渉が可能で、債権者との和解が成立すれば、返済額そのものの見直しできる場合もあります。

それだけに交渉力が問われる手続きでもあり、任意整理しても望んだ結果が得られるとは限りません。

任意整理のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 任意整理後も発生する利息をカットできる
  • 分割回数増→月々の負担軽減
  • 手続きが簡単
  • 債権者を選べる
  • アルバイトや専業主婦も利用可能
  • 他の債務整理よりは減額幅が小さい
  • クレジットカードの利用や新たな借り入れができなくなる
  • 無職や生活保護受給者は利用できない場合が多い

任意整理は債務整理の中でもデメリットが少なく、最も利用者が多い手続きです。

弁護士に依頼すれば、自分で行う手続きもほとんどありませんし、期間は1-3ヶ月と最も短く、かかる費用も弁護士費用のみです。

任意整理を検討する基準

  • 長期間借金の返済を続けている
  • 残りの借金額は利息がなければ3年以内に完済できる範囲
  • 借り入れ先が3〜5社
  • 貸金業者から督促状が届いた

任意整理については任意整理で借金は減額できる?ラクになる理由と失敗するケース4つでさらに詳しく解説しています。

すべての借金がなくなる「自己破産」

自己破産は一定の財産を失う代わりに、すべての借金をなくす手続きです。

他の債務整理では、借金の減額はできても借金がなくなるわけではありません。

しかし自己破産であれば、どれほどの借金があっても完全にゼロにできます。

一方で家や車といった高額な財産は失い、一部の職業・資格に制限がかかるといったデメリットもあります。ただし家電や家具などはそのまま残りますし、一部制限も手続きの期間中だけです。

自己破産のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • すべての借金がなくなる
  • 無職や生活保護受給者も申請可能
  • 一定の財産を失う
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 職業や資格に制限を受ける
  • 官報に掲載される
  • クレジットカードの利用や新たな借り入れができなくなる

自己破産のデメリットのひとつに官報に掲載されることが挙げられますが、実際に官報を見ている人はごくわずかであり、官報が原因で自己破産がバレる可能性は低いです。

裁判所を介した手続きとなるため、費用も多くかかりますし、手続き期間は早くて3ヶ月、場合によっては1年以上かかるケースもあります。

自己破産を検討する基準

  • 借金額が年収の1.5倍を超えている(住宅ローンを除く)
  • 生活保護を受給している
  • 病気や怪我で仕事ができない
  • すでに債権者から給料や自宅が差し押さえられている
  • 他の債務整理では解決ができない

自己破産については自己破産は誤解だらけ!?デメリットや影響を体験談付きで解説でさらに詳しく解説しています。

自宅を失わずに借金を1/5に減額する「個人再生」

個人再生は借金額を5分の1に減額し、それを3〜5年以内に返済できれば、残りの借金は免除される手続きです。

また自己破産であれば住宅や車などの財産は失いますが、個人再生は住宅や車などの資産を所有したまま手続ができるのも特徴です。

ただし、手続き後も返済は続くため安定した収入が必要ですし、100万円程度の借金であれば認められない場合があるなど、条件は他の債務整理よりも厳しくなっています。

個人再生のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 借金が1/5まで減額される
  • 住宅や車は失わずにすむ
  • 借金額が少ないと認められない
  • 手続きが複雑で費用もかかる
  • 保証人に迷惑がかかる
  • 安定した収入が必要
  • 官報に掲載される
  • クレジットカードの利用や新たな借り入れができなくなる

個人再生は任意整理よりも減額が見込め、自己破産のように家や車を失いませんが、かなり複雑な手続きで、かかる費用も50万円以上はかかるとされています。

そのため、借金が多額でないと、借金の減額分よりも費用が多くかかり債務整理をする意味がなくなってしまいます。

個人再生をするのはこんな人

  • 400万円以上の借金がある(住宅・車ローン除く)
  • 家や車を手放したくない
  • 複数の貸金業者から借り入れをしている
  • 自己破産をしたくない人

裁判所に仲裁してもらい返済額を調整する「特定調停」

特定調停とは、裁判所を介して貸金業者と交渉することによって、月々の返済額を見直す手続きです。

債権者と交渉して月々の返済額を見直すという点は任意整理と同じですが、裁判所を介するという点で大きく異なります。

任意整理の交渉は弁護士や司法書士などが行うのに対して、特定調停では裁判所(正確には裁判所に所属している調停委員)が交渉してくれます。

そのため、費用は任意整理よりも節約できるものの(数千円)、相手との交渉が折り合わずに失敗するケースも多く見られます。

特定調停のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 任意整理と同じ効果がある
  • 費用が数千円ですむ
  • 他の債務整理と比べて失敗する確率が高い
  • 調停成立後、支払いできなくなると給与や自宅が差し押さえられる
  • 裁判所に出頭する必要がある
  • 任意整理と比べると手続きが面倒
  • クレジットカードの利用や新たな借り入れができなくなる

裁判所に申し立てる際は、いくつもの書類が必要ですし、裁判所への出頭も数回必要になります。また裁判所が調停する以上、もしその後の返済が滞ったりすると、強制執行になる場合もあります。

そのため、債務整理に特定調停を選択する人は、現在ほとんどいません。

もう一つの“債務整理”「過払い金請求」

ここまで任意整理、自己破産、個人再生、特定調停と4つの債務整理について紹介してきましたが、債務整理とは呼べないものの、借金を法的に解決する手段として過払い金請求というものがあります。

過払い金とは、消費者金融などの貸金業者に払い過ぎていた利息のことをいいます。この過払金があれば、返還を要求して全額取り戻すことが可能です。

任意整理や自己破産などは現在残っている借金に対して行われる手続きです。それに対し、過払い金請求はすでに返済した借金に対して行われるので、債務整理と一括りにはされていません。

とはいえ、任意整理をするとき弁護士は、まず過払い金の有無をチェックします。そこで過払い金が発生していれば借金の元金から差し引き、その後将来利息カットの交渉を行います。

ですので過払い金請求は債務整理と密接な関係にあるのです。

こんな人は過払い金が発生しているかも!?

消費者金融やカード会社など貸金業者は金利の上限

  1. 借金を始めたのが2010年より前である
  2. 借金の完済から10年以内
  3. 金利20%以上の利息で支払いをしていた

ピックアップ記事

任意整理の費用は?今お金がなくても大丈夫!支払い方法4つ

「任意整理をしたいけど費用がどれくらいかかるのか心配…」 任意…

自己破産の弁護士費用が高い…それでも依頼する理由と支払い方法4つ

「自己破産したいけど、弁護士費用が払えない…」 「

浪費はNG?自己破産できる条件3つとできないと思ったらすべきこと

「結局自分は自己破産できるの?できないの?」 自己破産は必ず…