借入れ期間が短かったが任意整理。月返済18万円⇒8万円に減額できました!

借金を減額

長期間の借り入れがあると多額の過払い金が返ってくる、というイメージがあり、比較的最近借金をした人は、自分は債務整理の対象にはならないんじゃないかというご相談をいただきます。今回の相談者様は、プロミスなどの消費者金融やショッピングによる借り入れがあったのですが、借入期間が短くても、「任意整理」という手続きをして、月々の返済額を18万円から8万円に減らすことができました。

相談者 30代男性
借入状況 借入総額390万円、月々の返済18万円
相談結果 月々の返済18万円⇒8万円

無料の借金相談をしてみる

プロミスなどから短期間で390万円の借入。返済の負担が大きすぎる。。

相談者様は、プロミスからの借金120万円を始め、そのほかにもショッピング枠での借り入れを多くしていました。合計で390万円の借金を返済するために、毎月の返済額は18万円、さらに、住宅ローンの支払いが10万円ありました。相談者様の収入は毎月34万円、妻と子供がおり、毎月28万円の返済はかなり厳しい状況でした。

そこで、家族を養っていくためにも、どうにかして毎月の負担を減らす方法はないかとのことでご相談に至りました。

短期の借金でも任意整理可能です。毎月の返済額を18万円⇒8万円に減額!

今回の相談者様の場合は、比較的短期間で多額の借金をされていました。短期間での借り入れの場合、過払い金請求のできる可能性は極めて低くなります。また、今回の場合は、クレジットカードでのショッピングによる借入が多かったため、さらに可能性が低くなります。

しかし、短期間の借金でも、将来の利息をカットすることはできます。過払い金請求で払い過ぎた利息を取り戻す方法ではなく、任意整理をして、将来の利息をカットする、毎月の返済額を減らす事を提案いたしました。任意整理なら借入期間の長さに関わらず手続きができます。

今回、住宅ローンの返済も家計を圧迫していたのですが、住宅ローンなどを借金整理の手続きの対象としてしまうと、住宅を失うことになります。ですが、任意整理なら、住宅ローンを手続きの対象から外すことができるのです。どういうことかと言いますと、自己破産のようにすべての財産、借金が手続きの対象となってしまうと、差し押さえられてしまういますが、任意整理なら、手続きしたい借金を選んぶことができるので、住宅や車などのローンを避けることが可能なのです。

今回は住宅ローン以外の借金を任意整理した結果、毎月の返済額が18万円から8万円に減りました。以前の半分以下に抑えることができたので、住宅ローンの支払いもしっかりと行うことができるようになりました。完済まで家族で協力して頑張っていきたいと言っていただけました。

借入期間が短い、あっという間に借金が膨らんでしまったという場合でも、救済できる道があります。一人で悩む前に、まずはお気軽にご相談いただけたらと思います。

関連記事

借金一本化はお得?おまとめローンの落とし穴と根本的な借金の解決法

「おまとめローンにして借金を一本化したら毎月の返済額は安くなる?」

督促を止めたい…無視したら危険な借金返済の督促3パターン

目次借金を滞納すると自宅や職場に電話が来ることも。無視していると大変です業者から督促状が届いたら危険信号!一括返済は厳しい・・・裁判所からの督促状を無視するのは禁物!訴訟や差し押さえを回避する方法とは ...

差し押さえ通知は最後通告!?裁判所からの強制執行を防ぐ唯一の方法

「とうとう差し押さえ予告通知が届いてしまった…」 今あなたが大…

フリーターで借金70万円…任意整理で借金の返済生活から脱出

目次ちょっと贅沢するだけのつもりが・・・フリーターで借金70万円借金をし続けた結果、返済に追われる日々に任意整理で借金に追われる日々に終止符を打つことができたお金の収支をちゃんと考えるようになりました ...

クレジットカードのリボ払いも借金と一緒!?リボに潜む落とし穴

目次ショッピングで見るリボ払いと分割払いの違い落とし穴?リボ払いは断然損!終わらない返済、高い利息。落とし穴?リボの支払い、毎月1万円のはずがいつの間にか5万円に・・・【任意整理】リボ払いにつく利息も ...