借金140万円以上の債務整理は弁護士に相談!司法書士との違いは?

借金を減額したい、過払い金があるか調べたいときに、弁護士と司法書士どちらに相談するのが良いのでしょうか?一般的に費用が安いと言われている司法書士ですが、実は、手続きをするにあたっていくつか制約があります。弁護士と司法書士の違い債務整理を弁護士に頼むメリットについてお話しいたします。

【司法書士】140万円以上の借金がある場合は債務整理できない?

借金の総額が140万円を超えている場合は司法書士が債務整理を行う事はできません。借金の総額とは、1社についてではなく、全ての借金の合計の事を言います。今抱えている借金が明らかに140万円を超えている場合、借金がいくらあるか把握していない場合は司法書士ではなく弁護士に相談するのが良いです。

また、司法書士に過払い金請求を依頼し、発生した過払い金が140万円を超えていたという場合も、司法書士は対応することができません。例えば、本来は200万円の過払い金が発生していたのに、貸金業者に交渉権限のないことを指摘されたために140万円以下の金額しか返還されないということもあります。

訴訟になった際にも、司法書士には代理人になる権限がないので、裁判所への同行などはしてくれません。自己破産や民事再生などの手続きの場合は裁判所を通す必要があるのですが、司法書士だと書類作成にとどまり、あとの裁判所との複雑な対応を自分でしなければなりません。

【弁護士】借金総額がいくらあってもOK!代理人として手続きを行います。

司法書士とは違い、弁護士は扱える借金の上限がありません。過払い金請求をして返還要求できる金額にも制限がないため、司法書士と比べて高額の返還が期待できます。

また、訴訟になった際には、弁護士が本人に代わって手続きを行う事も出来ます。弁護士には代理人になる権限があるため、司法書士と違い裁判所への同行も可能ですし、弁護士に依頼した方が精神的負担が少なくて済むと言われています。

そもそも、弁護士には訴訟等で培った実務上のテクニックが司法書士よりも優れているため、業者との和解交渉もスムーズに進む傾向にあります。借金の相談は非常に勇気のいることですが、司法書士よりも弁護士に相談した方が手続き中の心配事が少ないのが特徴です。

弁護士費用はそんなに高くない?司法書士は追加で費用が発生する可能性も。

司法書士よりも弁護士の方が手厚いサポートを受けられるということは分かっても、最近では費用が安いと言われる司法書士を選択する方が多いです。債務整理をする際の費用の相場ですが、着手金や成功報酬を合わせて1社につき約4万円、過払い金請求の場合、返還できた金額の20%が平均となっています。当事務所でもこの相場通りの料金設定となっております。

他の事務所でも、司法書士と弁護士で費用がそう変わらないのが現状です。むしろ、大手の司法書士事務所は相場以上に報酬を取っている場合もあります。また、司法書士に依頼し訴訟になった場合には、訴訟などになった場合に追加で裁判所に費用を払う必要も出てくるので、結果的にお金がかかってしまうなんてこともあります。

借金についてのお悩みは弁護士にご相談いただくのが安心です。

明らかに140万円を超えた高額の借入がある方5年以上の長期の借入がある方は、返還される過払い金も多い可能性があるので、弁護士に相談するのが良いです。また、今どれくらいの借金があるのかあまりよく把握できていない方も、はじめから弁護士に相談いただくのが安心です。

いきなり弁護士だなんてハードルが高いと思われがちですが、当事務所では費用についても相場レベルですし、またご相談は無料です。まずはお気軽にご連絡いただければと思います。24時間365日ご相談を受け付けております。

関連記事

代位弁済の通知は黄信号のサイン!一括請求を免れる方法とは?

クレジットカードの返済を滞納しているうちに、まったく身に覚えのない会社から「

大ピンチ!借金滞納で差し押さえに…給与・家・車・預金はどうなる?

借金やクレジットカードを滞納しすぎると、最終的には裁判所から「強制執行による差し押さえ」になりま…

借金を2年滞納したら一括請求された!アコムからの督促電話の無視は…

目次2年滞納したアコムからの借金95万円を一括請求された・・・電話での督促を無視し続けていた2年間滞納を続けた結果…周囲にばれずにアコムからの一括請求を免れた!周囲にバレずに借金を大きく減額できる、た ...

おまとめローンは金利に注意!借金一本化のメリット・デメリット

複数の借り入れ先を利用している方のなかには、「おまとめローンで借金を一本化…

毎月返済しているのに…リボ払いが終わらない!返済地獄から抜け出す…

毎月の支払いを一定の額に抑えられる「リボルビング払い(リボ払い)」。 翌月の返済額を気に…