メールでのお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら

三井住友銀行カードローンからの転落人生、そこからの脱出の方法とは

三井住友カードローンなど合計5社から総額410万円の借金をしている」という男性からのご相談でした。

債務整理で借金を減額させるまでは、月々10万円もの返済に追われていたそうです。

同じように、多額の借金を抱えて苦しんでいる、という方はぜひこの体験談を参考にしてみてくださいね。

目次

相談者 30代男性
借入状況 三井住友銀行カードローン100万円
プロミスから100万円
アコムから40万円
車のローン(アイフル)80万円
アイフルからカードローン40万円
楽天カードのリボ払いが50万円
相談結果 月々の返済額10万⇒6万

彼女の収入に頼っていた同棲生活から一人暮らしへ。今度はカードローンに頼り始める。

当時私は就職してまもない頃でまだ大学を卒業してから1年程の社会人です。

当時大学から付き合っていた彼女と同棲を始めていて、2人とも働いていたために生活費には余裕がありました。
田舎での同棲だったので仕事終わりなどはパチンコやスロットを一緒にすることが増えていき、使ってはいけないお金にも手を出し始めてしまいます

その後、私だけがお金が無いという状況が続き彼女の収入もあったためなんとか生活できていましたが、当然このような生活をしていたためにフラれてしまいます。

今までの生活水準から1人の収入だけで生活することになり、遊ぶことを最優先にしていたので支払いが間に合わない状況が続きました。

そこでカードローンに手を出してしまいます。それが全ての始まりです。

初めての借金からの転落生活。総額は410万円。

カードローンを借り始めた初期の頃は10万円程借りてそれを3ヶ月ほどで返して、また借りるという生活が続いていました。

そういう生活になったのも働いていた会社の繁忙期が3ヶ月周期で来るため、3ヶ月毎にまとまった残業代が入るためでした。

そのような生活を始めて1年ぐらい経った時に社内の部署移動があり、私は残業を一切しない部署へと移動することになります。

そうなると今まで返すアテだった残業代が当然入らないため、借りていた10万円が返すことができません。

それに加えて新しい彼女ができてしまったことも拍車をかけ、当然カードローンの返済が間に合わず最低限の金額を月々分割で返すようになっていきました。

最終的な借り入れ状況ですが、
三井住友カードローンから100万
プロミスから100万
アコムから40万
車のローン80万
アイフルから40万
楽天カードのリボ払いが50万

6社からかなりの金額を借り入れしていました。

総量規制があるために年収の3分の1までしか借りられないですが、源泉徴収などの紙ではなく直近2ヶ月の給与明細でも年収の算出ができることを知っていました。

最終的には最初にいた部署に戻っていたので残業が多く、一番多い給与明細を出して年収をごまかしてまで借りるようになってしまいます。

これが人生の中のどん底です。毎月の支払いも払えず苦しい日々を過ごしていました。

任意整理への道しるべ。弁護士の一言に救われました。

毎月の給与のほとんどを借金返済に充てていたためにまともな食事もできず、同僚などの食事や飲み会の誘いにも断るようになっていき自殺も考えていました。

その月も支払いが間に合わなく友達や親に借金しなければどうしようもできない状況になってしまい、夜中に携帯で色々な金策の情報を調べていました。

その中で債務整理の簡単シュミレーションというのがあり、現在の借り入れ額や返済額を入力すると、債務整理後のおおよその返済額などを教えてもらえる便利なサイトがあります。

そのサイトとの出会いが人生の転機です。そこのサイトはすぐに結果が表示されるものではなく、後ほど弁護士から連絡がくるものだというのが入力が終わり送信した後に発覚しました。

「騙された!」と思いビールを飲んでその日はすぐに寝てしまいましたが、次の日には弁護士から早速電話です。

サイトに入力したのは債務整理などするつもりもなく債務整理をするとどうなるのかだけの情報が欲しかったのですが担当の弁護士が辛い生活を理解してくれて債務整理について細かく説明してくれました。

担当弁護士との会話は初めはすぐに終わり、後日1ヶ月の生活にかかる最低限の金額と現在の手取りの金額を教えて欲しいとのことでした。

私の頭の中は今まで金策のことしかなく、「今月の支払いをどうすればいいのか」しか考えていなかったですが、弁護士からの「必ず救ってあげます」の一言で気が楽になりました

債務整理をする際は当面金融機関への返済を止めてもらいその間、分割で弁護士の方に代金を支払うために元手がなくても頼めます。

結果的に毎月のカードローンの返済支払いが約10万に対し、6万円まで下げてもらったので一般的な生活をやっと送っています。それも全て債務整理のおかげです。

債務整理が与えてくれたもの

毎月の支払いが6万円になったのも大きいのですが今まで利息が大きく元金がほとんど減っていないことに疲れきっていました。

ですが債務整理の場合は利息はつかず、元金そのまま返済することが可能になるので、短い期間で借金をしていない以前の生活に戻ることが可能になりました。

クレジットカードやローンなどは金融事故登録されてしまうために10年程はできないですが、今までの苦しい思いを振り返ると分割などで買い物するの事が考えられなくなり、完全な現金主義になります。

債務整理の最大のデメリットはローンなどが当分できないことであり、債務整理に踏み切れない理由にもなっているでしょう。ですが借金を早めに返せることと月々の返済額が減ることがメリットとして大きいと感じます。

毎月の返済をどうしようと悩むようなこともなくなりましたし、貯金もしっかりできるようになっているので人生を好転させるキッカケに相談してみるのはいかがでしょうか。

私も初めは債務整理などは考えていなかったですが結果的によかったと思っています。

債務整理で一刻も早く多重債務から脱け出しましょう。

このご相談者様のように、複数の消費者金融や銀行カードローンで借金をしてしまっている方は、重度の多重債務状態です。

体験談の中でも書かれているように、多重債務状態になると、利息を返すだけで精一杯で、返しても返しても実際は元金は全く減っていない、という終わりの見えない借金地獄に陥ってしまいます。

この状態から脱け出すためには、債務整理をする必要があります。

債務整理は手続きが面倒そう、クレジットカードが使えなくなるから嫌だ、と避けている方もいらっしゃると思いますが、多重債務を続けていても雪だるま式に借金は増えていき、完済からどんどん遠のくばかりです。

実際の手続きは弁護士が行いますので、面倒なことはほとんどありません。クレジットカードが使えない、という点もお金の使い方を改善するキッカケとしてメリットと捉えている方も多くいらっしゃいます。

少しでも完済のゴールに近づけるために、まずは無料相談で悩みを話してみるところから始めてみましょう。

体験談をもっと見る
メールでのお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら
債務整理とは
債務整理とは

内緒で借金を減らせるワケ

督促

手続きの流れ
手続きの流れ
事務所紹介
事務所紹介
Copyright c 2011 債務整理・過払い金請求・借金相談の解決事例ブログ、毎週更新|借金レスキュー隊・ All Rights Reserved・