クレジットカードが返済できない…周囲に相談できない悩みの解決策

返済を誰にも相談できない

手持ちの現金がなくても、サインひとつで買い物ができるクレジットカード。その便利さゆえに、「つい使いすぎてしまっていた」という状況に陥りやすく、請求金額を見て頭を悩ませる方は少なくないでしょう。

返済が滞り、クレジットカード会社からの督促の電話が鳴りやまない……」「カードの残高が全然減らない」。そんなときでも、対処法さえ知っておけば、落ち着いて対応できるはずです。

この記事では、クレジットカードの支払いができない場合、どう対処すればよいのかをご紹介。「お金の問題は誰にも相談できない」という悩みを解決できれば幸いです。

 

クレジットカードが返済できない時の対処法

「返済するお金がない…」緊急時の対処法は?

「今月はカードを使いすぎてしまい、返済できない…」

クレジットカードは利用してから1〜2ヶ月後に銀行口座から引き落としされます。急な出費がかさんだ時など払えない状況など、一時的に返済できない場合はどうすればいいのでしょうか?

まずは支払い方法の変更を検討しましょう。クレジットカードの支払い方法は一括払いの他に以下の方法があります。

  • ボーナス一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

ショッピング時に一括払いを選択したとしても、後になって支払い方法を変更することは可能です。カード会社の会員サイトやカード会社に電話するだけで変更できる場合も多いので、まずは確認してみましょう。

ただし、支払い方法の変更はカード会社ごとに期限があります。どのカード会社でも支払い方法の変更期限は請求書が届く前に設定されています。

もし支払い方法の変更期限を過ぎてしまった場合は、カード会社に電話をして支払えない旨を伝えましょう。カード会社にもよりますが、以下のような対応をとってくれるケースがあります。

  • 返済期日の延長
  • 支払い方法の変更

「支払うお金がないことを告げるのは恥ずかしい…」と思われるかもしれません。しかし放置していると、社会人としての信用を失うことにつながります。正直に払えないことを伝え、返済方法について話し合っておきましょう。

リボ払いや分割払いにした時は「手数料」に注意!

リボ払いや分割払いは利息や手数料がかかるいわば借金であることです。利率はカード会社にもよりますが、おおむね年利15%程度。消費者金融とほとんど変わらない高い利率です。そのためリボ払いや分割払いを利用するときは、しっかり返済計画を立ててから利用するようにしてくださいね。

滞納して「督促状」や「一括請求」が届いた…それでも払えない場合は?

支払い方法を変更するだけでは返済できず、カード会社から待ってもらえない場合は、なるべく早いうちに弁護士や司法書士など法律の専門家に相談し「債務整理」の手続きをしましょう

特に長期にわたり滞納し「カード会社からハガキや電話で何度も催促されている」「債権回収会社から一括請求の通知が届いている」ような場合は、一刻も早い対処が必要です。

専門家に依頼するメリットは、以下の2点です。

  • カード会社からの督促を止められる
  • 債務整理で借金の負担を減らすことができる

お金のトラブルは放置すればするほど、状況が悪化していくもの。どうしても返済できない状態でも、法律的な救済策が用意されています。カード会社からの督促が続いている状態でも、支払うお金がない場合は法律の専門家に相談してみましょう。

クレジットカード返済ができない時の救済策「債務整理」

「カード会社に相談したけれど解決できなかった」「返済を放置していたら一括請求の督促状が届いてしまった」など、人によって事情はさまざまでしょう。

状況はともかく、どうしてもクレジットカードの返済が難しい場合は、弁護士や司法書士が行う「債務整理」という手続きが有効です。債務整理とは借金の負担を軽くし、完済しやすくする救済措置で、クレジットカードも対象になります。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがありますが、クレジットカードが返済できない場合であれば、「任意整理」という方法が効果的です。

任意整理がクレジットカードの返済に有効な3つの理由

「任意整理」とは、裁判所を介さずに専門家が債権者と直接交渉し、借金額や支払い方法などを整理し、返済の負担を減らす手続きです

法的な手続きを必要としないため、債務整理のなかでももっともリスクの少ない方法といえます。具体的には以下のようなメリットがあります。

1.遅延損害金(延滞料)や手数料をカットし、返済総額を減額できる

クレジットカードの返済は自動引き落としのため気づきづらいですが、リボ払いや分割払いを利用すると毎月「手数料」が発生します。また滞納した場合には滞納期間に応じて「遅延損害金」が発生します。

この手数料や損害遅延金の支払いに追われて、残高がなかなか減らないという人が多いのではないでしょうか。

任意整理ではこの手数料や遅延損害金をカットします。毎月の返済がそのまま残高の支払いに充てられるため「残高が減っていくのがわかる」「いつ返済が終わるかがわかる」のです。

2.督促や一括請求をストップできる
滞納期間が長引くほどカード会社からの督促やペナルティはエスカレートしていきます。弁護士や司法書士に依頼すると電話やハガキでの督促はもちろん、一括返済も回避できます
3.家族や会社に内緒で手続きできる
任意整理は弁護士や司法書士が、裁判所を介さずカード会社と直接交渉する手続きです。そのため裁判所に出頭したり、裁判所から書類が送られてくることはありません。手続き中でも周囲にバレる可能性が低いのが特徴です。

注意点としては任意整理をしたという事実が個人信用情報に掲載されることです。いわゆる“ブラックリスト入り”と考えてください。この情報は5年にわたり掲載されるため、その期間、新規のクレジットカードが発行できなかったり、不動産や自動車などのローンが制限されたりといったデメリットが発生します。

とはいえ、返済しきれないほどクレジットカードの支払いが膨らんでしまった背景には「ついつい使いすぎてしまった」など、浪費を重ねていたという人も多いのではないでしょうか。

実際に任意整理経験者の中には、クレジットカードが利用できなくなることで、浪費体質から抜け出したという人は多いです。

任意整理の相談は弁護士・司法書士に!

任意整理を依頼する際は、まず弁護士事務所・司法書士事務所の無料相談を利用してみましょう

無料相談の問い合わせは、電話もしくはメールフォームから可能です。現在の収入と借金額(クレジットカード利用残高)、借り入れ先の数を伝えれば、専門的な観点から有益なアドバイスを受けられます。

お金の問題は他人に相談しづらいもの。誰にも相談できずにひとりで悩む日々を送ってきたのではないでしょうか。

弁護士や司法書士であれば、法律のプロとして専門的なアドバイスももらえるだけでなく、誰にも話せないお金の悩みを打ち明けられるパートナーにもなりえます。 ぜひ一度、無料相談を活用してみてください。

クレジットカードの返済について無料相談してみる

クレジットカードの返済を放置するのは危険!

返済できずに放置するとどうなる?

長期にわたって返済を滞納していると、どんなことが起こるのか順を追ってご説明しましょう。

  • 損害遅延金が発生し、返済額が増える
  • カード会社からの電話やハガキから家族や会社にバレる可能性が高くなる
  • ブラックリストに載る
  • 裁判沙汰になり、財産が差し押さえられる

クレジットカードの滞納期間が長くなるほど、カード会社の対応も厳しくなっていきます。

最終的には、裁判になって車や給与などの財産が差し押さえられることにつながりかねません。このように滞納が長引くほど、取り返しのつかない状況に追い詰められてしまうのです。

放置し続けたら時効になる?

「このまま返済を踏み倒すことができたら……」。借金の返済に苦しんでいるとき、誰しもそんなふうに考えてしまう瞬間はあるでしょう。しかしクレジットカードの返済において、「時効」という考え方は存在しません。

支払い義務があることを理解しながらも滞納を続けていると、最悪の場合、カード会社に裁判を起こされてしまうリスクもあります。時効が成立することは期待できないと割り切って、返済ができない場合は早めに弁護士や司法書士に相談しましょう

この記事のまとめ

クレジットカードの返済を滞納し続けた結果、差し押さえにまで至ってしまった場合、残された手段は「自己破産」しかありません。自己破産は借金をすべて清算できるものの、引き換えに住宅や車などの大切な財産を失ってしまいます。最悪の事態に陥らないためには、なるべく早い段階で弁護士や司法書士などに相談しましょう。

関連記事

イオンカードを滞納してしまった…支払えない場合のリスクと解決策

全国のイオンをはじめとする系列店舗でのお買い物に便利な「イオンカード」。 毎月20日・30日…

クレジットカードの滞納は3ヶ月を超えると危険!支払えない対処法は?

クレジットカードの支払いを滞納しそう、またはすでに滞納してしまっているという方は、「

楽天カードを2ヶ月滞納すると最悪の事態に…発生するリスクと解決法

楽天市場などで効率よくポイントを貯められる“おトク感”が魅力で、あらゆる層から支持されている「楽天…

オリコカードを滞納すると家に直接訪問される?今すぐすべき解決策

年会費が永年無料でポイント還元率が高いという特徴を持つオリコカードは、メインのクレジットカードと…

クレジットカードは持っているだけで借金?返済できないときの対処法

現金がなくても買い物ができる、便利なクレジットカード。今や社会人はもちろん、学生でも1枚は持って…