楽天カードを2ヶ月滞納すると最悪の事態に…発生するリスクと解決法

楽天市場などで効率よくポイントを貯められる“おトク感”が魅力で、あらゆる層から支持されている「楽天カード」。

収入の少ない学生や主婦も発行できるカードとはいえ、返済トラブルなどがあった場合には利用停止や強制解約を迫られる危険は他のカードと変わりありません

現在あなたが楽天カードの支払いに困っているようなら、迅速に対応することをおすすめします。

この記事では、「楽天カードの支払いを滞納してしまった場合のリスク」と「その対処法」について、くわしくご説明します。

滞納について無料相談する

楽天カードを2ヶ月滞納してしまうと一括請求され、応じられなければ裁判へとつながってしまいます。
もしあなたがすでに一括請求が届いた状態であれば、一刻も早く弁護士や司法書士に相談をして、一刻も早い解決を目指しましょう。

楽天カードを滞納するリスクと注意点

楽天カードを滞納するとどうなる?

楽天カードの支払いを滞納した場合、どのようなことが起こるのか段階的にご説明していきます。

滞納期間 発生するリスク
翌日 引き落とし日(毎月27日)に支払いができなかった場合、翌日からカードの利用が停止される
翌日~5日 翌日から4営業日連続で、自動的に指定口座から再引き落としがなされる(ただし金融機関によっては再引き落としができない)
1週間~ 引き落としが確認できなかった場合、カード会社から電話もしくは書面(支払通知書)によって督促がおこなわれる
1ヶ月~ クレジットカードの契約が強制解約され、ブラックリストに掲載される
2ヶ月~3ヶ月 滞納している利用残高を一括請求される
3ヶ月~ 裁判所から督促状が届き、強制執行により財産を差し押さえられる

支払日に間に合わなかった…どうしたらいい?

楽天カードの場合、毎月27日の引き落とし日に支払いが確認できないと、翌日からカードの利用が停止されます。

しかし、たまたま口座の残高不足で返済ができなかったり、支払日をうっかり忘れていたりしたときには、すぐに支払いをすれば大きな問題に発展することはありません

楽天カードには、再振替(自動再引き落とし)サービスがあります。最初の引き落とし日に支払いが確認できなければ、翌日から4営業日連続で指定口座から自動で引き落としされるという仕組みです。

ただし再振替の対象となる金融機関は以下のとおりなので、それ以外の金融機関の口座を設定している場合は、自分で未払い金額を振り込まなければなりません。

楽天カードの再振替を利用できる金融機関(2018年8月現在)
楽天銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・北海道銀行・北陸銀行・横浜銀行・千葉銀行・広島銀行・福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・常陽銀行・肥後銀行・八十二銀行・ゆうちょ銀行(※) ※ゆうちょ銀行の場合、再振替がおこなわれるのは1~2回のみ(月によって変動)

また、支払いが遅れると「遅延損害金」を請求される可能性があります。

遅延損害金とは、いわば支払いが遅れたことへの“違約金”のようなもので、1日単位で加算されていきます。一般的にショッピング利用残高に課せられる遅延損害金は年利14.6%となり、1日あたりの金額は以下の計算式で求められます。

支払い金額×遅延損害金料率(年利)÷365×遅延日数

たとえばショッピングで15万円の支払いを30日間滞納してしまうと、1,800円の遅延損害金が発生します。

遅延損害金がどれくらいかかっているか知りたい場合は、 相談窓口に問い合わせるか、カード会員専用のオンラインサービス「 楽天e-NAVI」で確認できます。

利用再開はいつから?
一度カード利用が停止されてしまっても、支払いが完了すれば再び使えるようになります。また、これまで貯めたポイントにも一切影響はありません。

再振替期間を過ぎたらどうなる?

再振替がおこなわれる4営業日のあいだに支払いができなかった場合、カード会社から電話や督促状による支払いの催促が始まります。電話がかかってきたら、「いつ返済できそうか」を伝えて、誠実な対応を心がけましょう。

「怒鳴られたらどうしよう……」と不安に思う方もいるかもしれませんが、この時点で脅されたりすることはないので安心してください。むしろ催促の電話を無視していると悪質な滞納であるとみなされ、状況がどんどん悪化していきます。

返済が厳しいとしても、その旨をきちんと報告することが重要です。

強制解約になるのはいつ頃?

楽天カードは滞納してから約2ヵ月が経過すると、クレジットカードを強制解約されます。もちろん貯めたポイントもすべて失効してしまいます。

この時点で個人信用情報に事故情報として掲載されるため、いわゆる“ブラックリスト入り”します。

ブラックリストに掲載されている5年ほどの間は新しくクレジットカードを発行したり、キャッシングを利用したりすることができません。また車や家などを購入する際のローンも利用できなくなります。

一括返済できない場合はどうなる?

2ヶ月ほど滞納が続くと、一括返済の通知が届きます。

一括返済に応じられなければ、最終的には裁判に発展する可能性もあります。最悪の場合、裁判所の強制執行によって給与や預貯金、家などの財産が差し押さえられてしまうのです。

給与や預貯金が差し押さえられると、勤務先にも支払い滞納の事実がバレてしまううえに、今後の生活に悪影響をおよぼすリスクも高まります。取り返しのつかない事態に陥るまえに、早急な対処が必要です。

返済について専門家に相談してみる

返済ができないと分かったときの対処法

ここまでご説明してきたように、楽天カードの支払いを滞納してしまうと、さまざまなリスクが生じます。

ご自身が今どういった状況にあるのかを把握し、なるべく早めに対策を講じましょう。以下でご紹介する対処法を参考にしてみてください。

支払日の前に返済が難しいと分かった場合は応急処置としてリボ払いに変更

次の引き落とし日までに支払いのめどが立たないことがわかっているのであれば、事前に支払い方法を「一括払い」から「リボ払い」へ変更しておきましょう。リボ払いなら、利用残高を分割し、ひと月あたりの支払い金額を抑えることが可能です。

楽天カードの場合、「楽天e-NAVI」から簡単に支払い方法を変更できます。支払い月の6日から最長20日22時まではリボ払いへの変更手続きを受け付けてもらえるため、「今月は支払いが厳しそう」とわかった時点で早めに対応しましょう。

ただしリボ払いの利用においては、「金利が高い」という点に注意してください。これによって結果的に返済に苦しむ人は少なくないため、リボ払いはあくまで“応急処置”として利用することをおすすめします。

うっかり支払日が過ぎてしまった場合は公共料金の支払いに注意

毎月27日の引き落とし日を過ぎてしまった場合は、すぐに口座に入金しましょう。引き落とし日の翌日から4営業日は再振替がおこなわれるため、指定口座から自動的に引き落としされます。

ただし、再振替の対象外である金融機関の口座を設定している場合は、ご自身でカード会社が指定する口座に振り込む必要があります。

なお、最初に引き落としができなかった時点で、一時的にカード利用は停止されます。カードが利用停止されている期間に、電気代や水道代といった公共料金のカード支払いがある場合は注意してください

滞納してしまっているが支払うお金がない場合

「どうしてもお金を用意できそうにない」という場合は、弁護士や司法書士に依頼し、「債務整理」という手続きでカードの支払い負担を減らす方法をおすすめします。支払いを滞納し続けていると、給与や預貯金、家などの財産を差し押さえられてしまうリスクが高まります。

債務整理とは、借金を減額・免除するための手続きで、以下の3種類があります。

任意整理 貸金業者などの債権者と直接交渉して「返済期間の延長」や「利息カット」月々の返済額を軽くする手続き。裁判所を介さず自由な交渉が可能なため、デメリットも少ない。
個人再生 裁判所の許可を得て、借金残高を原則5分の1に減額する手続き。自宅など財産は失わないが、安定した収入が必要。
自己破産 裁判所の許可を得てすべての借金をゼロにする手続き。財産を失う、職業に制限がかかるなどデメリットも大きい。

ほかにも、金融業者からの返済の催促を求める電話や郵便などを止めることができ、周囲に知られずに借金の返済ができるというメリットもあります。

債務整理を行うと、その事実が個人信用情報に掲載されますが、そもそもクレジットカードの支払いを滞納した時点で、ブラックリスト入りは免れません。

一刻も早くカードの支払いに追われる生活から抜け出すためには、債務整理が最良の選択肢となるでしょう。まずは法律相談所の無料相談を利用してみてください。

この記事のまとめ

誰でも気軽に発行できると評判の楽天カードですが、一度支払いを滞納すると早い段階で強制解約させられてしまう可能性が高いといえます。もしすでに2ヶ月近く滞納してしまっているとしたら、かなり危険な状況です。

しかし、今のうちなら、まだ解決する方法は残されています。一人で悩んでいても、状況は変わりません。まずは法律相談所の無料相談を利用し、実績豊富な弁護士や司法書士からアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

クレジットカードの滞納は3ヶ月を超えると危険!支払えない対処法は?

クレジットカードの支払いを滞納しそう、またはすでに滞納してしまっているという方は、「

クレジットカードの返済ができない…解決法と滞納のリスク

高価な買い物をするとき、クレジットカードの分割払いを利用すれば、支払いがスムーズですよね。 …

クレジットカードの返済がツラい…家族にも相談できない悩みの相談先…

手持ちの現金がなくても、サインひとつで買い物ができるクレジットカード。その便利さゆえに、「つい使…

クレジットカードは持っているだけで借金?返済できないときの対処法

現金がなくても買い物ができる、便利なクレジットカード。今や社会人はもちろん、学生でも1枚は持って…

イオンカードを滞納してしまった…支払えない場合のリスクと解決策

全国のイオンをはじめとする系列店舗でのお買い物に便利な「イオンカード」。 毎月20日・30日…