2018.10.02更新

妊娠して無職に|160万円の借金を債務整理で解決

今回の相談者様は、妊娠により収入を得ることが難しくなった20代の女性の方。パチンコで借金を重ねていましたが、仕事ができないため消費者金融から借りて返済するしかない、とのことでご相談をいただきました。

借金総額は160万円。借金を抱えた妊婦さんがどのように借金生活から抜け出したのかを見ていきましょう。

毎月ギリギリ返済できていたのに、急に収入源を失ってしまったという方にも、解決の方法があります。同じような状況の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

相談者 20代女性(主婦)
借入状況 アコムなど4社から合計160万円の借入
相談結果 自己破産をして借金がゼロに

パチンコで借金が膨らみ、返済のために借金をする生活に・・・

初めて借入をしたきっかけは、知人にお金を貸してほしいと頼まれたためでした。

最初はお金を借りることにためらいがあったものの、これを機に借入に対するハードルがさがり、パチンコやパチスロにお金を使っては、返済のために別の金融機関から借金をする生活になっていったそうです。

借入に対する感覚がだんだんとマヒしていき、気がついた時には、最低金額を入金するだけでも毎月7万円に返済額が膨れ上がっていました。

妊娠で収入を失う

それでも、毎月ギリギリ返済をする生活を続けていましたが、妊娠したことで仕事ができなくなり、収入もなくなってしまいました。

このままの生活は続けられないと焦っていた時に、弁護士に相談できることを知って、無料相談をしたとのことでした。

自己破産をして、160万円の借金をゼロに

妊娠してから仕事をしておらず、収入が全くない状態だったため、支払義務を免除される「自己破産」をお勧めました。

最初は、自己破産をすることで、ブラックリストにのり、5年間は借入ができなくなるということで、社会的な信用を失うのでは?と不安に思われている部分もありました。

しかし、借金を抱えながら産まれたばかりの子どもを育てていくことを考えると、「借金の悩みは解決しておきたい」とのことで、自己破産をする決断をされました。

借金から解放されると心の余裕を持てる

相談される前までは、子育てにもお金がかかるのに、160万円の借金をどうやって返済していこうかと、常に借金のことを考えていたそうです。

子どもが生まれることはうれしいはずなのに、生まれてからの生活が不安でいっぱいだったそうです。

しかし、自己破産をして、借金がゼロになったことで、安心して子どものことを考えられるようになったとのこと。

妊娠や失業など、急な環境変化で返済が難しくなった方も、一人で悩みを抱えてしまわずに相談してみてください。

どんな小さな不安でも、解決できる可能性があります。24時間ご相談をお受け付けておりますので、まずはお話をお聞かせください。

関連記事

借金の残高が減らない...利息を計算する方法と完済に向けてすべきこと

「毎月借金を返しているのに、なかなか残高が減らない……」。 そ…

任意整理ができない場合もある?知っておくべき3つのケースと対処法

「任意整理できないこともあるって本当?」 「

任意整理後の生活が心配…クレジットカードやローンへなど7つの影響

「任意整理をするとその後の生活はどう変わるのだろう?」 任意…

任意整理は家族や会社にバレる?内緒で手続きするたった1つの方法

「家族に内緒で作った借金なのでバレずに何とかしたい…」 「

任意整理の弁護士選びは費用以外も大事!選ぶポイント5つと注意点

「任意整理したいけど弁護士ってどうやって探したらいいの?」 …