【任意整理】ご主人のリストラがきっかけで・・・

任意整理事例:No.016
任意整理で50万円の過払い、月々25000円の支払いに和解することが出来ました。

今回の債務整理の事例は、新潟在住の28歳の女性からのご相談です。ご主人と一緒に、生活苦で借金を作ってしまったという事例でした。

ご主人と2人暮らしの方です。ご結婚後も事務のお仕事を続けられ、ご主人の収入とも合わせると、当初は全く借金をする必要のない生活をされていました。

しかし、旦那さんがリストラにあってしまってから、生活が一変します。ご自身のお給料(手取り16万)だけでは家賃、保険料、公共料金、生活費等を払っていくことが厳しく、消費者金融で借りたり返したりの生活が始まってしまいました。

さらに、ご主人に結婚前からの債務が70万円ほどあったことが発覚し、それも月々20,000円返済しなければならず、生活はかなり圧迫されていったようです。

ご主人のリストラや給与カットがきっかけで借金生活に入ってしまうというのは本当によくあるパターンです。奥さまも、ご主人の収入について指摘することが関係上難しかったり、やりくりする能力が足りないと思われてしまうのが怖いという感情が出たりということで、お互いが事情を把握するのに時間がかかることが多いようです。

また、借金が一度なくなっても、収入が増えるか支出が減るかしなければ、また自動的に借りざるを得ない状況になってしまいます。ボーナスで一括で返せることがあっても、すぐにまた借金をしてしまうというケースも多いようです。

ご主人がやっと仕事を見つけてからも、前職と比べると10万以上も収入がちがったそうです。結局、借入をし続けることになってしまいました。

生活費のために借り始めた債務も、私どものところへご相談いただいた頃には、すでに150万円ほどにまでなっておりました。現状の生活を改善するため、一大決心しご主人とも相談し、一緒に任意整理することになりました。

奥さまご本人の債務は2、3年と期間が浅かったこともあり過払金は少ししか出なかったのですが、ご主人の方で過払い金が50万ほどあり、ご主人の債務はほぼ相殺されました。2005年以前の借金であれば過払い金が発生していることがほとんどなので、これは本当にご相談いただいて良かったと思っています。

過払い金の相殺や任意整理の結果、奥さまご本人の債務は月々25,000円×4年間の支払いにまで押さえることが出来ました。悠々自適と言えないまでも、2人で無理する事なく生活出来る状況になりました。

お二人とも、もっと早くに債務整理をすればよかったとおっしゃっていました。借金問題は、専門家が分析することで意外と早く解決するものです。

関連記事

【任意整理】で家族に知られず、借金整理できました

目次旦那に内緒で生活費のために借金。借金総額233万円、月々の返済額9.8万円。旦那に内緒で債務整理できた!月々の返済額を3.8万円減らすことに成功。 今回の相談者様は、旦那さんに内緒で始めた借金の返 ...

借金一本化はお得?おまとめローンの落とし穴と根本的な借金の解決法

「おまとめローンにして借金を一本化したら毎月の返済額は安くなる?」

督促を止めたい…無視したら危険な借金返済の督促3パターン

目次借金を滞納すると自宅や職場に電話が来ることも。無視していると大変です業者から督促状が届いたら危険信号!一括返済は厳しい・・・裁判所からの督促状を無視するのは禁物!訴訟や差し押さえを回避する方法とは ...

差し押さえ通知は最後通告!?裁判所からの強制執行を防ぐ唯一の方法

「とうとう差し押さえ予告通知が届いてしまった…」 今あなたが大…

フリーターで借金70万円…任意整理で借金の返済生活から脱出

目次ちょっと贅沢するだけのつもりが・・・フリーターで借金70万円借金をし続けた結果、返済に追われる日々に任意整理で借金に追われる日々に終止符を打つことができたお金の収支をちゃんと考えるようになりました ...