借金返済に限界を感じたら…先の見えない生活に終止符を打つ方法

このページにたどり着いたあなたは、おそらく自力で借金を返済することに行き詰まり「収入の多くを借金返済に充てざるを得ない」と苦しい事情を抱えながら、「そろそろ何か対策を講じなければ…」と焦ってはいませんか?

追い込まれたからといって、さらに他の消費者金融に頼るといった短期的な解決策をとってしまうと、自身の首を絞めるだけです。とはいえ、何もせず悠長に構えている時間もありません。

一刻も早く借金に追われる生活から脱するため、「今あなたがすべきことは何なのか」「もしこの先、借金を滞納してしまったらどうなるのか」をくわしくご説明します。

借金問題に詳しい事務所の詳細を見てみる

目次

まずは借り入れ状況を見直し、返済可能か確認

借金返済のためにまずやるべきことは?

現在、ご自身の借金残高がどれくらいか、正確に把握できていますか?

借金がどんどん膨れ上がる現実から目を背けたいばかりに、借金残高をきちんと把握していないという人もいるのではないでしょうか。

しかし本当に借金問題を解決したいと考えているのなら、厳しい現実と向き合うことは避けては通れません

まずは「どこからいくら借り入れているか」「返済期限はいつまでか」「現在の利息はどれくらいか」などを、きちんとリストアップして確認する作業を行ってください。

借金の状況を調べる際は、借り入れをしている消費者金融のATMやインターネット上の会員ページを利用するか、電話で問い合わせをしてみましょう。

万が一、借り入れ先や残高が把握できなくなってしまったという場合は、個人信用情報機関への問い合わせが確実です。

個人信用情報機関には以下の3社があり、消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関は最低でも1社に加盟しています。

機関名 主な加盟業種 URL
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融/クレジットカード会社 https://www.jicc.co.jp/
株式会社CIC 信販会社/クレジットカード会社 https://www.cic.co.jp/
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国の銀行 https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

もし借り入れ先が一切わからなくなってしまったという状況であれば、3社すべてに開示請求をおこなうことをおすすめします。だいたい10日程度で情報が得られるでしょう。

自分の収入から返済可能な金額を算出する方法は?

ご自身の借り入れ先と借金残高を把握できたら、次にすべきは「返済に充てられる額を見直す」ことです。

毎月の限られた収入のなかで、生活しながら借金を返済していかなければならないため、その計画に無理があるとすぐ自転車操業になってしまいます

そうならないためには、「収入がいくらあって、何にどれだけの支出があるのか」を正しく把握することが肝心です。収支の詳細をあいまいにしていると、いつになっても借金生活を終わらせることはできません。

これらをリストアップする際に便利なのが、「家計収支表」です。

以下の記入例を参考にし、ひと月に返済可能な金額を算出してみましょう。

収入 給与(本人) 300,000円
給与(配偶者ほか) 0円
収入合計 300,000円
前月からの繰越
支出 住居費(家賃、地代等) 110,000円
住宅ローン(管理費等を含む)
駐車場代 13,000円
食費 40,000円
嗜好品代
外食費 10,000円
電気代 6,000円
ガス代 6,000円
水道代 5,000円
電話料金(携帯電話を含む) 15,000円
新聞代 5,000円
国民健康保険料(国民年金)[0c3]
保険料(任意保険) 10,000円
ガソリン代 10,000円
日用品代 15,000円
医療費 5,000円
被服費 10,000円
教育費
交際費 10,000円
娯楽費
その他
支出合計 270,000円
収入-支出 30,000円

利息を計算して返済総額と期間を算出!でもその計算方法は?

借金返済を考えるうえで、絶対に忘れてはならないのが「利息」です。

単に借り入れした金額だけを見て、「完済できそう!」と思ってしまうのは軽率。返済しているあいだに、利息が上乗せされていきます。

気づいたときには、予想外の金額にまで膨れ上がってしまうことも……。あらかじめ利息を把握しておけば、土壇場で慌てることはありません。

利息は、以下の計算式で求めることができます。

利息=借り入れ金額×年利÷365(日)×30(日)

たとえば200万円を年利18%で借り入れたとすると、月々の利息はおよそ29,600円になります。つまり、毎月3万円弱の利息が上乗せされていくというわけです。

「こんなに返済できるわけがない!」と音を上げるまえに、利息まで考慮した現実的な返済計画を立てることが重要です。先ほど確認した毎月の返済可能額を基準に、「どれくらいの返済総額になるのか」「期間はどれくらいかかるのか」を算出してみましょう。

こちらの借金返済シミュレーターを使えば、簡単に返済総額と期間を知ることができます。ぜひ活用してみてください。

借金を返済する方法は5つ

ここまでの説明で、ご自身を取り巻く借金の現状がようやくわかってきたのではないでしょうか。漠然と「どうにかして早く完済しないと……」と考えていた方も、その決意をより固くしているところかもしれません。

そうはいっても現状を把握しただけでは何の解決にもなりません

今はまだ、解決しなければならない問題にようやく向き合うことができた段階です。いよいよ具体的に借金の完済に向けて行動を起こす必要がありますが、現時点では「正直厳しい」と思っている方も少なくないでしょう。

もちろん魔法のように一瞬で借金が消えてなくなることはありませんが、無理のない計画に沿って地道に返済していけば、借金問題は必ず解決することができます。ここでは、借金を確実に返済するための5つの方法をご紹介します。

家賃・公共料金などの固定費を削減する

ご自身の支出や返済可能額などを洗い出した結果、生活費を少し切り詰めれば返済がスムーズになりそうな場合は、「固定費の削減」をおすすめします。

固定費というのは、毎月必ず定額で支払わなければならない費用のこと。

  • 家賃
  • 保険料
  • 新聞代
  • 携帯電話の契約料

などが該当します。

さすがに家賃を切り詰めるのは現実的でないにしても、保険料などは見直しが可能でしょう。

何事も「備えあれば憂いなし」なのは間違いありませんが、もしかすると複数の保険に加入している場合には特約などのサポートが重複している可能性も否めません。不要な保険は解約したり変更したりすることで、保険料の支払い額を抑えられます。

また、ご自宅で利用している固定電話や新聞などの解約など、身の回りで「なくても困らなそうなもの」「今より安く抑えられそうなもの」を探してみると、固定費の削減につながる可能性も。

これらは実際あまり活用できていないにもかかわらず、毎月定額を支払っているケースが少なくないため、この機会に見直しを検討してみましょう

副業をする

「どうがんばっても生活費などを節約するのは難しい」という場合は、少しでも収入を増やす方法を考えてみましょう。そうはいっても本業で収入アップを狙うというのは、なかなか達成しづらいもの。そこで、副業によって別の収入源を得るという方法がおすすめです。

ビジネスパーソンが手をつけやすいのは、やはり本業で身につけた知見やスキルを活かした副業でしょう。デザイナーやエンジニアなどの専門性のある仕事に就いている方であれば、クラウドソーシングサービスを通じて比較的容易に報酬を得ることもできます。

とくに専門分野を持っていないという場合も、たとえば体力に自信のある方なら、イベント設営スタッフや解体作業員などの“ガテン系”といわれる仕事は報酬が高く、狙い目です。

ただし会社によっては副業が禁止されているケースもあるため、あらかじめ雇用契約書や就業規則をしっかり確認したうえで始める必要があります。また、副業に精を出しすぎた結果、体力面や精神面で本業に影響が出てしまうようでは元も子もありません。あくまでも「本業のスキマ時間にやる」という意識を忘れないようにしましょう。

家族や友人に援助を受ける

「本業が忙しく、とても副業をする余裕がない」という方は、信頼のおける家族や友人に援助してもらえないか相談してみてはいかがでしょうか。

借金問題はなかなか他人に言い出しづらい話ですが、周囲にあなたのことを心から心配して手を差し伸べてくれる方がいるのであれば、一人で抱え込まずに思い切って打ち明けてみるのもよいかもしれません

しかしお金のトラブルは、人間関係に大きく影響をおよぼすものです。そのリスクを踏まえたうえで、相談するべきかどうかをよく考えましょう。

ローンを一本化

複数の借り入れ先を利用している場合に検討したいのが、借金残高を一つの借り入れ先に集約する「ローンの一本化」です。いわゆる「おまとめローン」と呼ばれるサービスで、一般的に金利を下げて返済の負担を減らすための方法として知られています。

借り入れ先によっては、審査が通常のキャッシングと比較して厳しくなる傾向がありますが、一般的な水準の年収(300~400万円)と勤続年数3年以上であれば、とくに問題になることはないでしょう。

ローンの一本化は借金の負担を減らすだけでなく、「返済日を管理しやすくなる点」、そして「年収の3分の1を超える借り入れを禁止する総量規制の対象外である点」もメリットとされています。

しかし、一方でデメリットもあります。低金利で借り入れができたとしても、ひと月の返済額を抑えようとして返済期間が長くなってしまえば、そのぶん利息が上乗せされていきます。その結果、返済しなければならない借金の総額が増えてしまうケースもあるのです。

現状のまま返済を続けた場合と、返済を一本化した場合を比較して、最終的にそれほど大きな差額にならないと判断できるのであれば、積極的に検討してみるとよいでしょう。

債務整理をして借金を減らす

ここまでにご紹介した4つの方法で解決できそうになければ、「債務整理」を検討してみましょう。

債務整理とは専門知識を持った弁護士や司法書士に依頼し、借金問題の解決を目指す方法です。債務整理はおおまかに「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3つに分類でき、それぞれの内容は以下の通りです。

自己破産

借金の返済が免除される債務整理手続きのことです。裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで手続きが完了します。

任意整理

裁判所を介した法的な手続きではなく、弁護士や司法書士が貸金業者と交渉し、現実的な借金返済の条件を取り決めることです。今後の返済にかかる将来利息の削減を可能にします。

個人再生

借金残高を大幅に減らす債務整理手続きのことです。裁判所に債務者の再生計画が認められることで手続きが完了します。

以上の3つの方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。個人の状況によって最適な方法は異なるため、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。

無料の借金相談をしてみる

借金返済が遅れるのは危険!たった一度の滞納で人生を棒にふる可能性も…

ここまで借金を返済するための解決策についてご説明してきましたが、万が一、返済が追いつかず、滞納してしまった場合はどうなるのでしょうか。

借金を滞納し続けると、段階的に業者の対応も変わっていきます。返済を何度も催促されるだけでなく、最終的にはすべての財産や社会的信用を失うことにつながりかねません

実際に借金が返済できなくなった場合、どのようなことが起こるのかを具体的にご紹介します。

遅延損害金が発生する

借り入れ先によっては、滞納が生じた段階で「遅延損害金」を請求される可能性があります。これは借金残高に追加されるもので、上限が年率20%までと定められています

債務整理をおこなわない限りは原則的に必ず支払わなければならないため、滞納によって借金の総額が膨れ上がってしまうのです。

電話がかかってきたり督促状が届いたりする

1~3ヶ月ほど借金の滞納が続くと、金融機関から返済を催促されます。電話もしくは書面(督促状)による催促が一般的です。

その時点で「いつまでに支払いが可能なのか」を明らかにし、期日までに返済をおこなわなければなりません。

どうしても返済が難しい場合は、現在の状況を金融機関にきちんと報告しましょう

真摯に対応することで、支払い期限の猶予や分割払いといった方法を提示してもらえる可能性もあります。決して催促を無視してはいけません。

内容証明郵便で一括請求される

複数回にわたる督促を受けたにもかかわらず、返済に応じない場合は、借金残高を一括請求されるケースがあります

借り入れ時に分割払いの契約をしていた場合、契約が無効となり、その時点で残っている借金を全額請求されることになります。この通告は内容証明郵便で届くため、「確認していない」という言い訳は通用しません。

ブラックリストに載る

一般的に3ヶ月以上にわたって滞納が続く場合は、個人信用情報機関に事故情報や延滞情報として登録されてしまいます。つまり、“ブラックリスト”に掲載されてしまうということです。

これにより新規のクレジットカードが発行できなかったり、キャッシングが利用できなくなったりすることに加え、自動車や住宅を購入する際のローンも5年ほど制限されます

ブラックリストに掲載されると、やっとの思いで借金を完済できたとしても、その後の生活に支障が出てしまうため要注意です。

裁判で家や給与などが差し押さえられる

返済の滞納が長期化すると、最終的に金融機関の対応は法的措置に発展します。

金融機関が裁判所への支払い督促の申し立てを行うことで、債務者のもとへ裁判所から支払督促が届きます。これに応じなければ、強制執行によって財産が差し押さえられてしまうのです

具体的には、「自宅」をはじめ、「給与」や「預貯金」が差し押さえられることになります。給与の差し押さえについては裁判所から勤務先に直接通達する書類が届くため、強制執行に至ってしまった場合、勤務先に「借金を抱えていること」「返済を滞納していること」が知られてしまう可能性が極めて高いです。

初めは「たかだか数ヶ月滞納したくらいで……」と思うかもしれませんが、借金を滞納し続けていると、最終的には住む家や勤務先での信用まで失うことになりかねません。

このような事態を招かないためにも、「借金が返済できそうにない」と思ったら、なるべく早い段階で弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

自力では解決できないときの相談先

借金に困ったら誰に相談すべき?

弁護士や司法書士、FP(ファイナンシャルプランナー)、保険の営業担当者などに相談するとよいでしょう。それぞれお金に関する専門知識を持っているため、生活を立て直し、借金を完済するための有益なアドバイスを受けることができます。

とくに借金問題の解決実績がある弁護士や司法書士は、あなたの信頼できるパートナーとなってくれるはずです。依頼時の費用はかかりますが、債務整理の手続きまで任せられるため、「なるべく早く借金問題を解決したい」という状況であれば、弁護士や司法書士に相談するのがもっとも安心でしょう。

弁護士や司法書士はどうやって選ぶ?

弁護士や司法書士を選ぶときのポイントは次の3つです。

  1. 債務整理の実績が豊富であること
  2. 親身に相談できる人であること
  3. 無料で相談ができること

法律事務所は少しハードルが高いと思うかもしれませんが、ほとんどの事務所では無料で相談を受け付けています。まずは無料相談を利用し、ご自身の状況を整理しながら専門的なアドバイスを受けることが借金問題解決への第一歩になるでしょう。

借金の返済に苦しんでいる状況にあっては、自分ひとりで解決できることには限りがあります。債務整理の実績が豊富な専門家であれば、これまでの経験と照らし合わせながら、一人ひとりに合った解決法を示してもらえるはずです。

債務整理に詳しい専門家に相談をしてみる

【体験談】借金を抱えてから解決するまで

Aさんの場合
年齢・性別 職業 借金額
24歳・女性 派遣社員 60万円

借金をしたきっかけや理由

当時初めての一人暮らしをしたばかりで、派遣社員としてアパレルで販売員をしていました。

仕事柄お店の服を買わなければいけないのですが、社割が効いても相当な金額です。生活費を含めるととても支払えませんでした。 そこで服の支払いをクレジットカードのリボ払いを利用するようになりました

社会人になったばかりですから。節約はしていたのですが、家賃や携帯と生活費でいっぱいでリボの返済に充てるお金なんてありませんでした。 やがて返済を滞納することになったのです。

滞納を続けると金融機関の態度が一変

カード会社からの連絡はありましたが、支払える期日を伝えればしつこい電話や厳しい言葉はありませんでした。優しい口調でしたし「どうせ払えないから」といって無視することもありました。

しかし2ヶ月ほど経った頃に電話に出ると、その時に初めて脅しのような言葉が返ってきました。「支払いができないとはどういうことか」「ふざけんなよ」など…。

泣きながら「どうしてもお金がないから支払えないんです」としかいいようがありませんでした。

親にも話せない…誰にも打ち明けられない悩み

どれだけ責められようとも、返済できるお金なんてありません。

お金を作るために転職や副業も考えましたが、当時の自分のスキルで劇的に収入UPが望める仕事なんてありません。

親に正直に話して一時的にお金を借りることも考えましたが、私には以前にもクレジットカードで失敗をし、親に返済してもらったという過去もありました。だから今回は親に打ち明ける勇気がありませんでした。

そこでインターネットを見て債務整理を知りました。

「もうひとりで頑張らなくていい」そんな言葉が救いに

それからというもの債務整理について学んで、一番の魅力に感じられたのが「誰にも知られずに手続きできる」ということ。

弁護士さんに相談するというのは勇気がいるものでしたが、20代前半で派遣社員という身分なのに対応してくれるのかという不安はありましたが、本当に切羽詰まっていて、とにかく誰かに頼りたいという気持ちでいっぱいでした。

弁護士さんに言われたのは

  • 借入額が総額で100万円以下でしたが金額関係なく対応してくれる
  • 手続きを始めれば、カード会社から電話は弁護士さんが対応してくれる

ということでした。

とにかく催促の電話が止まるのはうれしかったのですが、なによりも「もうひとりで頑張らなくてもいいんだ、味方がいるんだ」という気持ちになれたのです。

もちろん債務整理はメリットだけではなくデメリットもあり「5年間はクレジットカードが使えない」という説明も受けました。とはいえクレジットカードの使いすぎが原因で作った借金です。私にとってデメリットに感じませんでした。

私はちゃんと完済したいという思いもあったので、債務整理の中から任意整理を選択することにしました。

債務整理をして感じたのは心の変化

手続きを始めたのですが、最初はやはり周囲に知られる不安がありました。

しかし弁護士から送られる書類は誰からのものか分からないように配慮してくれたし、用がなければ電話もメールもありませんでした。

弁護士さんからは「これからは決まった金額を最後まで払うことだけ約束をしてくれれば何も心配しなくてもいい」と言ってくれたので安心できました。

配慮がうれしく感じた一方で、「もう2度とこんな思いしたくない」と戒めにもなりました。任意整理をして月々の返済は4万円から2万円に減りましたが、返済することには変わりありませんでしたが、お金の使い方に関しても見直すきっかけになりました。

今は完済してもう借金はありません。

給料の範囲だけで生活ができているので、あの頃のように物欲に支配されて周りが見えなくなることもなく楽に生活できるようになりました。

【まとめ】借金を放置すると大変なことに!借金は必ず解決できるので専門家に相談を

借金を返せない状態が長く続くと、債権者から何度も催促されるばかりでなく、最終的に財産や社会的信用を失ってしまうリスクが高まります。裁判所による強制執行にまで至ってしまった結果、勤務先に借金を抱えていることを知られてしまい、その気まずさから退職せざるを得なくなってしまう……という事態に陥る可能性もゼロではありません。

しかし「借金問題を解決して、充実した日常生活を取り戻したい」という強い意志があれば、「債務整理」という法的に認められた正しい方法によって再び立ち上がることができます。ご家族や職場の同僚、友人などに知られることなく、人生の再スタートを切ることも可能です。

ただし債務整理をおこなうには、弁護士や司法書士などの専門家の存在が不可欠です。債務整理の実績が豊富な専門家に依頼することで、一人ひとりの状況に適した方法によって長年苦しんでいた借金問題から解放されることでしょう。

まずは無料相談を利用し、これからどうやって借金を返済していけばよいのか、専門的な立場からアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー内記事一覧

借金返済をシミュレーション|先の見えない返済生活から抜け出す方法

毎月きちんと返済している借金。それなのに「完済」というゴールがまったく見えてこない状況は、非常に…

家族や会社にバレずに借金返済!周囲に内緒で借金完済する方法を紹介

「誰にも知られないうちに借金を返済したい……」 家族や会社の人な…

大ピンチ!借金滞納で差し押さえに…給与・家・車・預金はどうなる?

借金やクレジットカードを滞納しすぎると、最終的には裁判所から「強制執行による差し押さえ」になりま…

クレジットカードの返済ができない…解決法と滞納のリスク

高価な買い物をするとき、クレジットカードの分割払いを利用すれば、支払いがスムーズですよね。 …

イオンカードを滞納してしまった…支払えない場合のリスクと解決策

全国のイオンをはじめとする系列店舗でのお買い物に便利な「イオンカード」。 毎月20日・30日…

楽天カードを2ヶ月滞納すると最悪の事態に…発生するリスクと解決法

楽天市場などで効率よくポイントを貯められる“おトク感”が魅力で、あらゆる層から支持されている「楽天…

代位弁済の通知は黄信号のサイン!一括請求を免れる方法とは?

クレジットカードの返済を滞納しているうちに、まったく身に覚えのない会社から「

クレジットカードの滞納は3ヶ月を超えると危険!支払えない対処法は?

クレジットカードの支払いを滞納しそう、またはすでに滞納してしまっているという方は、「

オリコカードを滞納すると家に直接訪問される?今すぐすべき解決策

年会費が永年無料でポイント還元率が高いという特徴を持つオリコカードは、メインのクレジットカードと…

クレジットカードは持っているだけで借金?返済できないときの対処法

現金がなくても買い物ができる、便利なクレジットカード。今や社会人はもちろん、学生でも1枚は持って…

差し押さえ通知は最後通告!?裁判所からの強制執行を防ぐ唯一の方法

「とうとう差し押さえ予告通知が届いてしまった…」 今あなたが大…

毎月返済しているのに…リボ払いが終わらない!その理由と解決方法を…

毎月の支払いを一定の額に抑えられる「リボルビング払い(リボ払い)」。 翌月の返済額を気に…

クレジットカードが返済できない…周囲に相談できない悩みの解決策

手持ちの現金がなくても、サインひとつで買い物ができるクレジットカード。その便利さゆえに、「つい使…

おまとめローンは金利に注意!借金一本化のメリット・デメリット

複数の借り入れ先を利用している方のなかには、「おまとめローンで借金を一本化…

一括請求されたクレジットカードの返済を任意整理で月々1万円に。

クレジットカードを作ったものの、ついつい使い過ぎてしまったという相談者様。一括で25万円使ってしまったが、支払いが出来ないのでなんとか分割払いに変更できないかとのご相談でした。 自分でカード会社に問い ...

シングルマザーが借金320万円を債務整理。月収18万円でも子3人を育…

今回のご相談者様は、3人のお子様を持つ20代のシングルマザーの方。借金320万円を抱えながら子供を育てるのが不安で仕方ないとのことでご相談をいただきました。 借金のあるシングルマザーの方の場合、一人分 ...

アコムとエポスカードの返済が苦しく返済額を減らしたい。毎月の軽…

エポスカードのリボ払いで返済額が増え生活を圧迫しているため、毎月の返済額を減らしたいという20代の男性からご相談を頂きました。エポスカード以外にも、アコムなどの消費者金融から借金をしていて、毎月の返済 ...

三井住友銀行カードローンからの転落人生、そこからの脱出の方法とは

「三井住友カードローンなど合計5社から総額410万円の借金をしている」と…

離婚危機まで陥っていた新婚生活から一転、返済の目処がつき生活に…

「夫にも内緒でクレジットカードで借金を増やしてしまい、月々8万円の返済に追われている」という女性からのご相談でした。 クレジットカードのリボ払いは便利で手軽に支払いを済ませることができるので、よく利用 ...

三井住友銀行カードローンを含む4社200万円、自己破産で返済不要に…

「家出を機に借金に頼る生活を続けてしまい、精神的負担に苦しんでいる」という女性からのご相談でした。 4社から合計200万円という多額の多重債務状態でうつ病に苦しんでいた彼女ですが、自己破産で借金を帳消 ...

三井住友銀行カードローンで背負った借金。任意整理で返済を楽にす…

「パチンコでつくった借金80万円を滞納し続け、実家にまで請求が届き、一括返済を求められている」という男性からのご相談でした。 一度は自己破産まで考えたそうですが、弁護士に相談した結果、任意整理で借金を ...

思い切って弁護士に相談して正解。債務整理をして返済額が4割減りま…

「ギャンブルでつくった230万円の借金を滞納してしまっている」という男性…

1万円の借金がきっかけで150万円の借金に。債務整理のおかげで完済

「キャッシングのお金も自分のお金のような錯覚に陥り、上限枠いっぱいまで使ってしまい返済できなくなった」というお客様からのご相談でした。 この方は、キャッシング枠を自分のお金だと錯覚してしまったり、負担 ...

アコムからの借金を債務整理で驚くほどに減額させた!

「生活費用やショッピング費用のために借金をしたが、返済できなくなってしまった」というお客様からのご相談でした。 この方は、借金をすればお金に困らなくて生活が快適に過ごせると考えていましたが、毎月絶対に ...

プロミスからの借金を債務整理で大幅に減額!

「ギャンブルに勝つ前提で軍資金として借金を始めたが、理想通りに勝てるわけがなくて返済を滞らせてしまった」という方からのご相談でした。 この方は債務整理のおかげで利息がカットされて決済日数も大幅に引き伸 ...

アイフルからの65万円の借金を債務整理で元金を1/5に減額!

「ショッピングのために借金を始めたが、突然病院に入院することになってしまい返済ができなくなってしまった」というお客様からのご相談でした。 この方は、借金を返済する分の収入を得ていたので借金をしていても ...

債務整理で4社から借りていた総額180万の借金が40万に減額!

「買い物癖が治らず借金をして買い物をする悪循環から抜け出せず、返済できないくらい借金が膨れ上がってしまった」という方からのご相談でした。 この方は債務整理のおかげで大幅に借金が減額して返済の目処が立つ ...

3社からの総額160万円の借金が債務整理で1/3に減額

「事業に失敗していきなりお金がなくなりその不安からお金を借りるが、返済ができなくなってしまった」という方からのご相談でした。 この方は貯蓄も0円でお金がない不安からお金を借りた結果、返済できなくなりま ...

家電購入のために借りた25万が生活を圧迫|任意整理で借金完済!

「レイクから25万円の借金をした結果、生活が苦しくなってしまった」という方からのご相談でした。 欲しい家電製品を買うためにたった25万円借りるだけ、と思っていたのにもかかわらず、予想以上に滞納を続けて ...

ギャンブルにはまり自己破産|返済額を0円にできました!

「会社を休業中にギャンブルにはまり、総額350万円の借金を作ってしまった」という男性からのご相談でした。 ギャンブルで作った借金のほかにも、家賃や税金滞納によって債務は合計400万円にものぼり、休業中 ...